保育士になりたい!ピアノで苦労しないために知っておくこと

ピアノはできなくても入学はできる?

保育士として働くためには、国家資格である保育士資格を取得しなければなりません。そのためには、保育士資格を取得することができる大学や短大、専門学校へ進むことが近道となります。このことは保育士を目指す方ならば、どなたでもご存知のことでしょう。

では、ピアノはどうでしょうか?

保育士になるとピアノを弾く機会は多くなりますので、やはり、入学前から必要なのではないでしょうか?

実は、進学を希望する学校にもよりますが、ピアノ試験を入試科目としているところは少ないです。入学するまではピアノを弾くことができなくても特に問題はないということです。入学してからでも間に合うと思ってもよいでしょう。

入学するとピアノは必須科目になる!

保育士になるための学校に入学すると、必須科目の中にピアノ実技があります。

子供の頃からピアノを習い弾くことができる方は心配ありません。音楽大学ではありませんので、難しい曲をピアニストのように弾くことを求められることもありません。

では、ピアノを全く弾いた経験がないという方はどうでしょうか?

実は、努力が必要になります。保育士はピアノを弾きながら、季節の歌などを子供たちと楽しく歌うことが多いですので、学校ではある一定のレベルまで求められます。

しかし、安心してください。初心者には初心者に合ったレベルから授業を始めますので、毎日地道に練習をすることで弾けるようになります。最初は片手で弾くことも大変かもしれませんが、繰り返し練習をすることで、子供たちと楽しく歌うことができるレベルまで上達することができます。

また、入学してから初めて習うことに不安があるという方は、高校の時に少し習っておくという方法もよいかもしれませんね。

保育士は0~2歳の乳児も保育できるため、女性の社会進出が目覚しい昨今、需要が増えています。保育士の求人を大阪に増やすことは大阪の経済活動にも必要となっています。

© 2019 Great For Career All Rights Reserved