アルバイトをして生計を立てる医師がいるって本当?

アルバイト医師は立派な職業の一つ

医師資格を取得しても、特定の病院に所属せず、フリーで働く人たちがいます。医師専門の求人情報サイトなどに落ちているアルバイト案件を拾って生計を立てている人も、実は少なくないのです。一般的にアルバイト医師と呼ばれるこれらの人たちは、もちろんしっかりと社会に役立っています。最近は特に、アルバイト医師の存在感は高まりつつありますね。

アルバイト医師はどんな仕事をするのか

基本的にはアルバイトでできることは限られています。夜勤のヘルプや、会社や学校に出向いて健康診断を行うことがその代表例です。難しい手術などはあまりすることがなく、医師資格が必要だけれど、その資格があれば誰にでもできることをしている傾向にあります。病院勤務の医師にはやりにくい仕事もありますから、そうしたものはアルバイト医師が請け負っていくのが普通です。夜勤のヘルプは、一回あたり八万円以上の報酬が設定されていることもある仕事です。ですから、アルバイトだと言っても年収は一千万円を軽く超えることも多いです。

自分のペースで仕事ができる点がアルバイト医師の魅力

病院に勤務していると、仕事は向こうからやってきます。疲れていても仕事をしたくなくても、患者さんはどんどんとやってくるので、自分のペースで働くことは難しくなります。ですが、アルバイト医師なら仕事をしたくないときはしなくていいのです。自分のペースで医療と向き合って行けるのが魅力でしょう。精神的にも楽ですし、趣味に時間を費やすこともしやすいです。その点で、最近は選ぶ人も増えてきているわけです。

医師を非常勤として募集している求人はたくさんあります。産業医や病院の非常勤など、仕事の内容はそれぞれ異なりますので、自分の希望や適性を考慮しながら選ぶ必要があります。

© 2017 Great For Career All Rights Reserved