警備員のバイトで気を付けなければならないことは?

希望の仕事を選ぶには会社選びが重要になる

警備の仕事にもさまざまなものがありますが、一昔前のようにマンションやイベントでの警備の仕事だけではなく交通整理の仕事が増えてきました。そのため、警備員になったとしても交通整理の仕事に回されることが多くなりますので、希望と違った内容になってしまうこともあります。
最初から交通整理をしたい場合であれば別ですが、ビルの警備員やマンションの警備員あるいはイベントの会場で警備をする場合には会社選びをすることが重要になります。会社によっては9割以上が交通整理に回されるところがありますが、逆にビルやマンションの警備を中心に行っている会社もあります。安易に時給で選ぶのではなく、仕事内容をしっかり聞いた上でバイトを始めるようにするべきです。結果的に満足できる仕事にありつくことができるでしょう。

資格を取得して時給を上げよう

警備員も資格を取得することによって時給を上げることができます。平均的には1時間900円前後になりますが、これを1000円以上にすることも夢ではありません。そのためには、一つずつ階段を上るように簡単な資格から取得していき、最終的にはほかの警備員が持っていないレベルのものを取得することで、警備員を始めた当初に比べても大幅に収入を増やすことが可能です。
例えば、交通整理を行う場合は 2級と1級に分かれており、まずは2級から取得することでできる仕事の種類が増えます。結果的に100円ぐらいは時給があがります。2級程度であればそれほど時間をかけなくても取得できるため、積極的に挑戦することが重要になるでしょう。

警備員のバイトは就業時間がきっちり決められている事が多く、プライベートと仕事の線引きをしっかりしたい人に向きます。また野外での仕事になるケースも多いので、体力に自信があるとプラスになります。

© 2018 Great For Career All Rights Reserved