添削を受けよう!失敗しない英語の履歴書の書き方とは?

日本の履歴書のような書式がないのが一般的

英語の履歴書を書くために日本語の履歴書のような書式を手に入れようとしても見つからなくて困るかもしれません。欧米では日本のように履歴書の書式を手に入れて記入するというのは一般的ではないからです。志望先の企業によってはオリジナルの書式を用意していて、それに従って記載するように求められる場合もあります。しかし、通常はA4またはレターサイズの用紙に必要事項を記入していくという形で履歴書を作成するのです。そのため、書き方を間違ってしまうとそれだけで不採用になってしまう可能性があるので気をつけなければなりません。日本語の履歴書をそのまま英訳して送っても受け付けてもらえないという点は最も注意が必要なことです。

添削を受けて過不足の確認と表現を修正

よくある間違いとして志望動機や退職理由、転職理由などの記載をするケースがありますが、英語の履歴書では要求されていない限りは不要です。基本的には職歴や学歴、特技などの情報を記載するものであり、余計なことはあまり書かないというスタンスで考えなければならないのが英語の履歴書の特徴と言えます。心配なときにはプロに添削を受けておくに越したことはありません。項目についての過不足を確認してもらうだけでなく、履歴書にふさわしい表現を使っているかどうかも指摘してもらえるからです。書き方だけなら雛形を探せば自分でも対応する形に整えることはできますが、表現についてはノウハウを知っている人に教わるのが良いと言えます。

外資系企業では、面接を英語で行う場合も多いですが、使用頻度の高いフレーズをあらかじめ頭に入れておくことで、スムーズな受け答えを目指せます。

© 2018 Great For Career All Rights Reserved